読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大切な人が亡くなりました

これで親族がいなくなりました。ひとりぼっちになりました。

第70試合:37歳の童貞独身おっさんが語る『女性に関するエトセトラ』

雑記

こんばんは、A新聞社の社員に割と本気でムカついているトランキーロ!です。

 

当ブログもなんだかんだで第70試合目です。飽きっぽい僕がここまで長くブログを続けるとは思いもしませんでした

さて、当ブログの筆者はおっさんです。なんで、当ブログの読者は物好きなおっさんだけだろうと思っていましたが、意外なことに女性と思われる読者もおられるようです。これは僕にとって予想外のことであり、嬉しい限りでございます

僕は女性と付き合ったことがなく、女性に関してまったくもって無知なんですが、女性に興味がない分けではなく、なんだったら興味津々ですなんで今回はちょっと女性について考えてみたいと思います

 

僕が身近に女性がいる環境にいたのは中学時代まででした。高校は男子校でしたし、大学では人付き合いをまったくしていません。会社でも身近に女性はいませんからね。大体、僕の女性観は中学時代で止まっています

 

僕の中学時代はクラスにおおよそクラス、男女は半々です。当然クラス全員がみんな仲良しというわけもなく、4人~6人程度の仲良しグループが自然と形成されます。高校は知りませんが中学だと男女混成グループは存在せず、男性は男性、女性は女性で仲良しグループを形成していました。

男女問わず仲良しグループには序列が存在し、スポーツができる人が形成するグループが序列第一位だったコトが多かったと記憶しています。

 

 実は僕は女性グループを観察するのが好きでした。男性グループを観察しても良かったんですが、僕が男性である以上なんらかのグループに所属せざるをえず、観察者ではなく当事者にならざるをえないという事情がありました

さて、僕が女性グループを観察していて面白いなと思うのは、ある日突然仲良しグループのメンバーに変化が起こることです。あるグループに所属していたはずの女性がある日突然、グループから外されるということが結構ありました。

当然、男子グループにもあることです。僕は男子グループに所属していましたから、なぜグループのメンバーに変化があったのか?という理由が自然と耳に入ってくるんですが、女性グループの場合は違います、事情がわからないんです

 

その日、僕は掃除当番でした。教室の隅に丸めたノートの切れ端がありました。僕はそれを拾い上げ開いてみると、僕のクラスにいるある女性への中傷が書かれていました

今は知りませんが、僕が中学生だった頃は携帯電話などありませんでした。なので、授業中ノートの切れ端でメッセージのやり取りをしていたんですね。が拾ったのはそのようなメッセージのやり取りのログだったわけです

筆跡を見る限り明らかに女性でしたが、書いたのはだれか?なぜそのようなメッセージのやり取りをしていたのか?についてはわかりませんでした。

僕は中傷されていた女性を観察するコトにしました。すると当然に彼女が所属する仲良しグループも観察することになります。

 最初、僕は彼女を中傷していたのは別のグループの女性だと思っていたのですが、観察を続けるうちに、どうも違うことがわかってきました

授業中仲良しグループのうち中傷されていた女性を除き、ノートの切れ端によるメッセージのやり取りがなされていました。但し、すべてがそうではなく中傷されていた女性にも丸めたノートの切れ端が渡されていたコトがありました。ただ、頻度の違いとメッセージのやり取りする際の表情に違和感を覚えました。

僕は考えを切り替え、中傷するメッセージを書いたのは仲良しグループのメンバーが書いたのではないか?と考えました

すると、中傷されていた女性を除くメンバーが度々集まってるコトに気が付きます。僕は観察を続けました。すると、中傷されていた女性を除いた状態での会話と彼女を含めた状態での会話では内容と雰囲気が違っているように思えました。

しかし、ハッキリとした確証は得られませんでした。それはひとつに僕が観察しているコトに相手側に薄々気が付かれてしまったコトがありました。残念ながら、観察者が観察対象に影響を与えてしまうと、適切なサンプルを得られません。僕は結局ハッキリとした確証を得られれないまま、結果だけを目の当たりにすることになります。

中傷されていた女性は仲良しグループから外されてしまいました

傍から見ると仲良しに見えました。休み時間、みんなで楽しそうに会話をしているトコロを見ていましたから。でも、実は違っていた分けです。表層部分では仲良く見えても内実では違うということです

おそらく僕が拾ったノートの切れ端はメンバー間の合意を形成する為のモノでしょう。中傷されていた彼女を仲良しグループから外すコトの合意を形成するために、メッセージのやり取りをしていたんじゃないか、彼女を除くメンバーが集って彼女が嫌いであるコトの共通前提の確認を行い、いかにしてメンバーから外すかの協議を行っていたんじゃないかと推察されました

このことで分かったことは、性グループの会話には楽屋裏があるコト、女性グループのメンバーはメンバー間で絶えず共通前提の確認と決定の合意形成を行うということです。

 この発見は割と僕には驚きでした。男性グループだと突発的な喧嘩とか仲たがいとか、そういう理由でメンバーから外れたりしていましたから、そんな水面下のやり取りが存在しているなんて思ってもみなかったんです

それから、僕は女性グループを観察する際、メンバー間のやり取りの中に予兆を発見するように努めました。会話内容に含まれる言外の意味や、ダブルミーニングなどメンバー間の表層的なやり取りの奥にあるモノを見出し、そこからグループの変遷の予測を行うようになったんです。

『観察⇒法則化⇒予測』という意識の流れがあります多数の事象を観察することで、事象に含まれる共通した法則性を発見し、その法則性に基づいて事象の結末を予測する分けです。おそらく僕がこの意識の流れを行うようになったのは、女性グループの観察が契機でした。

段々と本旨と離れてきましたが……まあともかく、こういう女性グループの観察によってそれとなく僕の女性観が形成されたんですよ。まあ、中学時代なんて女性の方が男性よりもずっと大人ですから、やり方も大人的でしょう。 

 

話を変えましょう。去年、僕が女性と会話したのは合計3回です。このうち直近のなのは忘年会の際に連れていかれたセクシーキャバクラです。

まず、先に説明しておきます。男性から見て女性の容姿が可愛いかどうかはパッと見3秒で決まります基本的に男性の可愛いor可愛くないはオンorオフのみです

これは僕の数少ない風俗体験からわかったことなんですが、女性は男性から誉められたコトを意外と覚えていたりします

目が綺麗だね、胸が大きいね、声が可愛いね等々、色々あると思いますが、ぶっちゃけ言うと、男性がこういうコトを言うのはそこしか誉めるトコがないからです。まあ、誉められるだけマシなんですが……。

 20代の女性に多いのですが、男性から特定の部位や特定の箇所を誉められたコトを記憶しています。そして、そのコトを僕に話してくれたりするんです。でも、まず間違いなくソコしか誉めるトコないから、そんなコトを言われたんだと思います。

まあ、誉められて嬉しいなんていう素直な反応は男性からすると無邪気で微笑ましくも思いますが、あんまり真に受けない方がイイかなあとも思います。もしかすると、女性も同じように思ってるかもしれませんが、僕は男性なモンでソコのトコはわかりません。

それでは、僕が直近で行った女性との会話を再現してみます

 

 「あれ?もしかしてハーフな人?」

「ええ、よく言われるんですけど、違うんですぅー!」

 

部屋に入ってきた直後の会話です。僕を相手してくれた女性は堀の深いオリエンタルな顔立ちの女性でした。僕は彼女にハーフかどうかを尋ねました。どうやら彼女は同じようなコトを何度も聞かれているんでしょう、答えは素っ気ないモノでした。無論、愛想のいい笑顔を作っていましたよ?向こうも商売ですから

 

さて、ここから僕はハーフに関して深く掘り下げませんでした言われ慣れてるから、食いついてこないだろうコトがすぐにわかったからです。そこで僕は別のポイントを探すべく色々と探り探り会話をしますが、いいポイントが見つかりません。

 

「ああ、でも目が可愛いよね。何気に二重だし!」

「ええぇ!そんなのすぐにわかってよー!」

 

僕は特に誉めるポイントを見つけられないまま、やむなく彼女の目を誉めることにしました。目を誉めるコトのイイところは相手の目をジッと見ても違和感を持たれにくいというコトがあります。彼女の目を見ると僕に対してそこまで拒絶反応を示していないことが分かりました

 

「実はさー、もうちょっと目を大きくしたくて整形しようかなって?」

「ええ!?もったいないよ!今のままで十分可愛いよ!」

 

彼女が前に出てきましたただ、ここは比較的難しいポイントかなと思います。整形するコトを否定することは彼女の意に即さないコトですが、目が可愛くないから整形したほうがイイとは言えません。僕はより無難と思われる方向に舵を取ります

 

「うーん、実はもうちょっと目を大きくしたからさあ……」

「ああ、そうなの。でもさ、そういうのは最小限にした方がイイよ……」

「うーん……」

 

彼女の笑みがわずかに崩れました。目を誉めたコトがむしろ悪手だったかもしれません、難しいトコです。こういう場合は一旦、会話を流すのが一番です。僕は話を変えます。

 

ここで前提です、僕はわざわざ金銭と時間を浪費して女性と会話する趣味はありません。僕は仕方なくココに来た分けです。僕に与えられたミッションはイイ客のまま始まり、イイ客のまま終わることだけです

別に目が可愛いとか思ってもいませんがとりあえず誉めておけばイイ客のままで終われるだろうという考えがあったわけです。ところが、ソコに地雷があったわけですね

 

「あッ!ここ可愛い!」

 

彼女が笑顔になった瞬間、僕は両手で彼女の頬を包み、彼女に笑顔に出来たシワを指でなぞりましたシワというのは、笑顔に出来たほうれい線です

さすがにほうれい線を整形する女性はまずいないでしょう。それに、ほうれい線を誉められる経験を持つ女性も少ないでしょう。加えて僕が彼女の頬を両手で触り続ける限り、彼女は否応なく笑顔のままです。

女性は誉め慣れている部分というのがあります。僕はソコを避けるようにしています。誉め慣れている部分を誉めても女性は喜びません。またかと思うだけです

あえて、ほうれい線を誉めたのはあえて誉められたコトのないポイントを誉める意外性を狙ったモノですが、もちろんいつもうまくいくとは限りません。『ナニ言ってんだ、コイツ?』で終わる可能性も大いにありえます

難しいトコロですが、ココはどうやらそれなりのカタチになりました。悪い反応ではありません。僕はそのまま誉めるポイント探しを止め、普通の会話に切り返します。

 

「私、AV女優なんだよ!」

「ええッ!マジで!?」

「ほら、見て!ね?」

 

彼女は僕にスマホを見せました、ソコには確かに彼女のプロフィール画像とAVのパケ写が!。確かに彼女です

なるほど、彼女が整形したいと言っていたのはそういうコトかと合点しました。要はAV女優として人気を得る為の整形なワケです。今のAV界は余程の人気がない限り、アルバイトしないと食べていけない世界です。結構、厳しい世界なんです

 

「えッ?なんでAVなの?」

「チヤホヤされるから!」

「ああ、うん?」

「ほら、こういうお店ってお客が主人公でしょ?でもAVは私が主人公だから!みんなさ、チヤホヤしてくれるんだもん!」

 

僕は思わず笑ってしまいました。彼女は無邪気でした。悲壮感なんて微塵もありません。彼女は素直な感情を僕に伝えただけです。その素直さが僕には微笑ましかったんです。ただ、僕の微笑の内に毒が含まれているのは否定しませんが……。

 彼女はキョトンとしながら僕の笑みを見ていました。僕の笑みにある意味を分かりかねているようでした。僕の笑みに毒が含まれいるコトを彼女はわかっていたんでしょうか?

 

僕はここから再び話を切り替えて後は惰性のまま時間終了です。

 

点数は75点。うまくいかないトコロもありましたが、イイ客のまま終われたとは思うので、まずまずの結果です

 

まとまりのない話もここまで!相変わらず話をまとめるの下手ですな!

 

それではみなさん、さよーーーーならーーーーー!! 

 

PS

タモリ倶楽部:金的攻撃の痛みを分かりやすく解説してくれています!

www.youtube.com

第69試合:NEW JAPAN CUP 2017への雑感

新日本プロレス

こんばんは、相変わらずお寒い状況のトランキーロ!です。

 

【新日本】IC王座V3の内藤が「NJC改革案」ブチ上げた

 

今年も『NEW JAPAN CUP』の季節ですね。上にある東スポの記事にある通り、なにやら内藤選手が吠えています。どうやら内藤選手はNJCのシステムにご不満の様子です。わかんないわけじゃないです、変といわれれば変なシステムですから

 

でもね、今年のNJCがイマイチ盛り上がってないのはNJCのシステムがおかしいからと言われれば、それは違うといいたいですね。

これはプロレスに限らないんですがスポーツって選手やチームがすべてだって思ってます。リーグやトーナメントのレギュレーションがおかしいから盛り上がらないってのはおかしいですよ。盛り上がらない原因のほとんどは出場してる選手やチームに魅力がないからでしょう

例えば、『UEFAチャンピオンズリーグ』ってのがあります。毎大会すごく盛り上がってます。なぜか?出場してるチームがすごいからでしょう。世界中のサッカーファンは『バイエルンミュンヘンvsレアルマドリード』みたいな試合カードを見たいわけです。

 

今回のNJCに見たい試合があるのか?

 

結局ここじゃないですかね。優勝者がどうのこうのとか前王者がどうのこうのいっても、あんまり意味がない気がします。内藤選手は新日愛の強いレスラーですから、イマイチ盛り上がらないNJCを盛り上げようとしてるのはわかるんですがね

そもそも、内藤選手が今回のNJCに出場するメリットってあんまりない気がしますしね。インターコンチのチャンピオンとして色々やっていた方が内藤選手にとってよっぽどメリットがある気がします。

 

さて、今回のNJC、新日本が当初思い描いていた筋書きは『オカダカズチカ・リベンジストーリー』だと推測しています。札幌で鈴木みのるに敗北したオカダカズチカがIWGPヘビーに再挑戦するためにNJCで無双するというストーリーです。

ところが、思っていた以上に鈴木みのるが人気がなく、当初思い描いていた筋書きがポシャったのではないかと推測しています

となると今回のNJCのテーマのなさが分かってくるような気がしますね。鈴木みのるの札幌での敗北で思い描いていた筋書きが狂っちゃったってことです

 

今年は新日本にとっての試練の年になるんじゃないかと思っています。実は今の新日本はマンネリという名の停滞感が漂い出しています。ケイオスと本隊は相変わらず、ロスインゴはすっかり新日本プロレスに定着し、バレットクラブもケニーオメガだけが突出している状態ですからね。

 『棚橋・中邑・AJ・オカダ』時代は確かに安定はしていましたがどこか停滞感が漂っていました。リマッチばっかでしたし、チャピオンの顔ぶれも四人が入れ替わるだけでしたから。

時が経ち、四人のうち中邑とAJが抜けました。新日本プロレスの危機でしたが変わりに内藤哲也とケニーオメガが上がってきました不安定ではありましたが停滞感はありませんでした。勢いのある新日本が復活した!と僕は思いましたね

今は『内藤・ケニー・オカダ』時代でしょうね。良くも悪くも、この三人のおかげで安定感は出てきたんですが、安定感はマンネリに繋がってきますからね

もちろん新日本プロレスもそこら辺はわかってるんで、鈴木軍を送り込んできたんですが、見事にポシャっちゃいましたからねえ……。変に安定感が出ちゃっている今こそ大きな仕掛けが必要だと思うんですがね。

 

どうでしょ、みなさん、うすうす思ってませんか?最近の新日本プロレスって面白くないよね……って

 

安定した生活を送ると人間はダメになる

 

リッチーブラックモア先生の偉大な名言とともに、みなさんさよーーならーー!

f:id:verve421:20170214200357p:plain

第68試合:『心底どーでもいい情報を欲しい』と思うソコのアナタ!そんなアナタに心底どーでもいい情報を差し上げましょう!

雑記

こんばんは、奥歯が痛いが歯医者には行きたくないトランキーロ!です。歯医者なんてね、拷問ですよ!ナチ野郎の拷問ですよッ!

 

さて、世の中ってのは不思議です。A新聞社もよく言っています、新聞を読むと興味のない情報も手に入ると、そうすることで興味の幅も広がると。人間は見たいと思うモノしか見ないとは古代ローマから言われておりますね

なんか興味のないモノにも興味を持つコトはいいことらしいです、僕にはさっぱりわかりませんが。興味のないモンに時間を割くほど、僕は暇でもないんでね

 

世の中は注目されたモン勝ち。みんなの注目を惹くことで金儲けをしたい輩がたくさんおります。みんな、興味をもたれる存在になりたいんだなあと思います。人から興味をもたれることが金儲けに繋がるからでしょうね!世の中は注目される存在、興味を惹かれる情報を発信した輩が勝ちなんです

 

そこでトランキーロ!は考えました。誰も興味を持たない情報とはなんだろうか?誰も見向きもしないまったく価値のない情報はなにか?ということです。

 

ありました!

 

まったく誰も注目しない、興味も惹かないクソみたいな情報をトランキーロ!がみなさんの為に発信してやりますよ

 

はい、みなさんにお届けしましょう!

トランキーロが普段使っているお風呂グッズ特集!

 

ね?まったく興味ないでしょ?でも、紹介します。

なぜなら記事のタイトル通り皆様に心底どーでもいい情報を差し上げたいから!

 

① シャンプー&リンス

f:id:verve421:20170212230805j:plain

クラシエ ひまわりシャンプー&リンス。

ネットで評判が良かったので使っている。安っぽいマンゴーの匂いがして好き。使い心地?髪のコンディション?あ、うん、わかんない。

 ②ヒゲ剃り 

 

f:id:verve421:20170212231424j:plain

 フェザー エフシステム サムライエッジ 

ネットの評判を鵜吞みにして購入。トランキーロ!の特徴のひとつはネットの情報を鵜呑みにしがちってのがあります。使い心地ですか?シックでもジレットでも同じ気がします。ちなみにヒゲ剃り用のクリームはジェルタイプが好みです。

③ボディソープ

f:id:verve421:20170212233725j:plain

ニベア クリームケア ボディウォッシュ ハニー ポンプ

どこでも売ってるんで使っています、匂いが好み。洗い心地?あー、なんだろ、わかんないわ。ちなみにボディタオルはナイロン製のタワシみたいなの使っています。もはや普通のタオルだと洗った気がしません。

④洗顔料

f:id:verve421:20170212234325j:plain

 ロゼット 洗顔パスタ「海泥スムース」

 ネットの評判を鵜呑みにして購入。あーなんだろ、いいんじゃない?いいと思うわ。きっといいと思いますよ。洗顔パスタのパスタってなんだろ?麺か?イタリア発祥の麺のことか?

 

みなさん、いかかだったでしょうか?

心底どーでもいい情報だったでしょう!僕はこの記事を書きながら、歯医者に行かなきゃならないなあ……嫌だなあ……とか思ってましたやあ、書いてる自分もどーでもいいんですからね、みなさんにとっちゃ心底どーでもいいんでしょう!

 

それでは、みなさんさよーならーーー! 

第67試合:戦国炎舞 -KIZNA- Presents THE NEW BEGINNING in OSAKA 日時 2017年2月11日(土) 大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)

新日本プロレス

こんばんは、奥歯が虫歯でメッチャ痛いトランキーロ!です。

 

早速ですが、感想です。内藤哲也vsエルガンです。鉄板の試合ですが飽きた……って感じです。内藤選手が技を受けるんでエルガン選手も光るんですけど、四回はやり過ぎですなあ、内藤選手が四連勝ですし、もういいんでない?見たくないわけじゃないけど、もうお腹いっぱいです

高橋ヒロムvsドラゴン・リーの試合はちょっと引いてしまいました。やり過ぎというか、会場も解説もちょっと引いてました。こんな試合ばっかやってると、マジで死人が出そうな気がするんでやめてほしいです……。あと、ふたりとも技が雑ですね、危険技すら雑に出すんで、見てるコッチがハラハラしちゃいました。次は田口選手ですか……険技連発と雑に技を出すのはご勘弁!

 

第5試合 NEVER無差別級6人タッグs選手権試合 

棚橋弘至&中西学&田口隆祐vsSANADA&EVIL&BUSHI

 

 個人的に注目している『タグチジャパン』です。ロスインゴベルナブレスに対抗できるのはタグチジャパンしかないということで僕は割と期待しています。いい加減、田口選手にスポットライトを当てて欲しいですしねえ……

というわけで、試合です!

 

f:id:verve421:20170212194114j:plain

今日も元気なロスインゴの面々。実は最近、サナダ選手が変わりつつありますね。田口選手との絡みが増えて、お笑いキャラに目覚めつつあるようです

f:id:verve421:20170212194617j:plain

選手紹介も終わっていないのに、イキナリ飛び掛かるサナダ選手。田口選手と絡むことで一番変わったのはサナダ選手ですな!

f:id:verve421:20170212195231j:plain

ロスインゴの面々を蹴散らしてからの「ウィー・アー・タグチジャパーン!」棚橋選手、田口選手、中西選手、改めてみるとほんと共通点ないですなあ……。

f:id:verve421:20170212195512j:plain

f:id:verve421:20170212195522j:plain

田口選手の代名詞、無駄に走ってからのヒップアタック!相変わらず絶好調のタグチ監督ですな。

f:id:verve421:20170212195922j:plain

中西選手のヒップアタック。ゴリラがお辞儀してるみたいで好きです

f:id:verve421:20170212200310j:plain

f:id:verve421:20170212200322j:plain

f:id:verve421:20170212200328j:plain

DDTなんかでよく見る風景ですね。はい、案の定失敗であります!

f:id:verve421:20170212200631j:plain

あッ!ミラノ先生得意のパラダイスロックだ!これはミラノ先生パレハ説に信ぴょう性がでてきましたねえ……

f:id:verve421:20170212200828j:plain

f:id:verve421:20170212200855j:plain

最近のサナダ選手、執拗にタグチ監督のオケツを攻撃しますねえ。なぜでしょうかねえ(ゲス顔) 

f:id:verve421:20170212201618j:plain

f:id:verve421:20170212201626j:plain

f:id:verve421:20170212201630j:plain

タグチジャパンの連係プレイ

f:id:verve421:20170212201803j:plain

f:id:verve421:20170212201816j:plain

f:id:verve421:20170212201931j:plain

そのままヘラクレスカッターをかます中西選手、この構図、結構好きです。

f:id:verve421:20170212202319j:plain

f:id:verve421:20170212202326j:plain

f:id:verve421:20170212202331j:plain

フライング・中西選手

f:id:verve421:20170212202622j:plain

f:id:verve421:20170212202634j:plain

f:id:verve421:20170212202556j:plain

毒霧からのスカルエンドで試合終了!ちなみにリコシェ選手は毒霧NGだそうです。最近知りました。 

f:id:verve421:20170212202955j:plain

f:id:verve421:20170212203000j:plain

試合終了後、ミラノ先生の目の前でパラダイスロックをかますサナダ選手と抗議するミラノ先生

f:id:verve421:20170212203112j:plain

f:id:verve421:20170212203236j:plain

f:id:verve421:20170212203459j:plain

なんにでも使える汎用性の高い画像。煽るときにも使えそうだね!あーゆーおーけー?最近のサナダ選手、お笑い寄りになってますねえ。とてもいいことだと思います。

f:id:verve421:20170212203625j:plain

ミラノ先生に詰め寄るタグチ監督。オマエはパレハなのか!?と詰め寄っております!

f:id:verve421:20170212203908j:plain

ロスインゴのみなさま、オメデトウ!表情が微妙なサナダ選手が印象的!

 

さて、IWGPジュニアの試合後、田口選手が挑戦表明しましたね。楽しみであります。タグチジャパンvsロスインゴベルナブレスの抗争、いいですなあ

f:id:verve421:20170212210527j:plain

f:id:verve421:20170212210535j:plain

本気を出してアンクルを極めるタグチ監督

f:id:verve421:20170212210552j:plain

f:id:verve421:20170212210633j:plain

本気を出したタグチ監督、ロスインゴハンターとなるか?

 

Ps

f:id:verve421:20170212210821j:plainミラノ先生パレハ説の証拠

番外編④:個人的に週末に聞きたくない名曲集~グループサウンズ編

雑記

グループサウンズの再評価。グループサウンズは掘れば掘るほど色んなネタが出てきそう。

 

松平ケメ子‐私がケメ子よ

www.youtube.com

The Dynamites - Tunnel To Heaven (Tunnel Tengoku)

www.youtube.com

The Outcast: Everything's Alright

www.youtube.com

The Golden Cups - This Bad Girl

www.youtube.com

クールな恋 (Baby,Please Don't Runaway) - オーロラ三人娘

youtubeだとThe Golden Cupsバージョンないのね

www.youtube.com

休みの国 悪魔巣取金愚

グループサウンズじゃないけど、メモ代わりに貼ります、有名な曲。

www.youtube.com

曲を貼りだしたらキリないなあ……

番外編③:個人的に週末に聞きたくない名曲集~インストゥルメンタル編

雑記

個人的なリンク集です。あまりお勧めはしません。前にタモリ倶楽部で聞いたことあった曲。

 

The George Garabedian Players And The AWFUL.TRUMPET of HARRY ARMS Georgy Girl

www.youtube.com

Portsmouth Sinfonia : "Also sprach Zarathustra"

www.youtube.com