読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第12試合:G1 CLIMAX26 個人的まとめ 『 優勝決定戦 後藤洋央紀 VS ケニー・オメガ 両国国技館(東京) 2016/08/14 』

新日本プロレス

ケニー・オメガ選手、優勝おめでとう!

殿、春夏準優勝(NJC&G1)オメデトウゴザイマス!

 

まずは殿について。

春夏準優勝なんて簡単にできませんよ!NJCで勢いに乗る内藤哲也の踏み台となり、G1前にはEVILの格上げ、G1でもSANADAを引き上げ、そして今回のケニーとの一戦。新しいスターを生み出す為には華々しく散る敗者が必要です。そう、ターニングポイントとなる試合の影には、いつも殿がいるんです!確かにしょっぱい試合も多いですが、随所随所で好試合をしてしまう殿。今回も実に損な役回りです。棚橋vsオカダ戦の引き分けによる決勝進出、明らかにケニーの引き立て役でしかない優勝決定戦……。そんな損な役回りの中でも、ケニーの激しい技を受け切り、自分の仕事を全うしました。スターメイカーですよ、殿は!確かにね、殿はダメな奴かもしれません。リング外での仕事はからっきしです。でもね、こうしてみんなの踏み台でいる殿をもっと好きになって欲しいんだ!

はぁ……殿はずっとこんな役回りなんだろうなあ……IWGP取れるようなレスラーになって欲しんだけどなあ。

 

優勝決定戦 後藤洋央紀 VS ケニー・オメガ 両国国技館(東京) 2016/08/14

 

この試合は終始ケニーのペースです、もうずっと、ずぅーーーーっとケニー・オメガです。なんだったらこの試合、ケニー・オメガのレスラー人生をギュッと詰め込んだ試合、日本でプロレスを初めてG1クライマックス優勝するまでの歴史をお客様に“魅せる”試合と言っていいでしょう。

前にも書きましたが、ケニーは試合の中でストーリーを作るのがうまいレスラーです。今回の相手は、常に、そして、どんな時も 白紙のレスラー殿こと後藤洋央紀選手。試合の中でテーマを表現するには最適のレスラーでしょう。

序盤&中盤は場外へのトペコンやら背後からミサイルキック、牛殺しっぽい技、殿をオンブしたままコーナー最上段からの後ろ向きに倒れる謎の圧殺技など、結構危険なことやります。ケニーは昨日からの膝のダメージをアピールしつつ、ガンガン殿に技を仕掛けます。殿ですか?受けます、ケニーの技、受けます!

もちろん殿のターンだってありますよ?さて、殿はどんなコトしましたか?

はい、相変わらずです。いつもの後藤殺法で挑みます。雪崩式牛殺しが失敗気味で一瞬ヒヤリとした位で、裏昇天&昇天・改もキッチリ決めてきます。決まらなかったのはGTR位です。(殿はなんでGTRみたいな変な技をフィニッシャーにしたのだろうか?他にいい技がいっぱいあるでしょう……この試合での昇天・改は見事でした!)

とまあ終始ケニーがペースを握り、殿の散発的な反撃もケニーのアピールにしかならず、殿が全然浮かんできません……。そりゃあこんな試合、殿しか引き受けないよねと僕の中で変に殿の株が上がる始末です。

さて、終盤。ここからがこの試合のテーマ。ケニー・オメガの歴史の始まりです。

シットダウン式ラストライド&フェニックススプラッシュ⇒飯伏幸太

ちょっと間を挟んで……

ブラッディサンデー⇒プリンス・デヴィット

スタイルズクラッシュ⇒AJスタイルズ

と、ここまで来てから、片翼の天使でフィニッシュ!親友の飯伏幸太と歴代バレットクラブリーダーのフィニッシュ(アンダーソンは地味だからね!しょうがないよね!)を用いてからの最後は自分の決め技でめるという見事な構成でした。G1優勝決定戦で自分のレスラー人生を振り返りながら試合をしめるのはさすがケニーだぜ!という思いです。

試合後のマイクアピールはちょっと卑怯かな(笑)早口の英語でまくしたててからの日本語解禁、日本人から愛されるツボを心得てますなあ!

試合中も殿へブーイングが飛んでいたり、試合後の大歓声とケニーコールといい、やっぱりケニーにはヒール無理かも!?

隠していてもいい人感が隠し切れませんね。すんげえ真面目なケニーのこと、ヒールであることにこだわり過ぎていたのかもしれません。マイクでもヒールだから日本語使えないとか言ってましたね。そこは別にこだわらなくてもと思うんですがね、どうなんでしょう?

バレットクラブ歴代リーダーで日本人に嫌われたレスラーっています?愛されヒールでもOKでしょう!

ケニーもようやく新日本のトップレスラーになれました。元々好きなレスラーだったので、個人的にはケニーの優勝はすごくうれしかったですね。

 

長いようで短い、終わってみればあっという間、G1 の終わりは夏の終わり。それでは、今回のG1まとめですが、このフレーズしかありませんね!

 

G1のGは後藤のG!!

 

やっぱ、殿のこと嫌いになれないわ……。殿、御勤めご苦労様でした。