読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第19試合:口の利き方、振る舞い、態度in会社

雑記

これは男性の中でも、特に僕のような高齢者童貞にしかわからないかもしれないのですが、10代(特に高校生あたり)で恋愛(キスやらセックスですな)経験していない人間は一生負け組です!ええ、そうです、僕は一生負け組なのです!

恋愛経験もなく友人も家族もおらず、ただひとり孤独に人生を過ごし、同い年辺りの男性たちは恋愛、結婚、出産と人生の階段を踏み外すことなく、順調に登っている、そんな事実と向き合い、ひとり涙する自分がいるのであります。

さて、最近、人がいないからという安易な理由でサブリーダーを拝命しました。みなさん薄々勘づいておられると思いますが、僕は文系中の文系であります。機械の運転は下手くそ、手先は不器用でネジもまともに回せないなど工場労働者として致命的な欠陥を抱えております。

ずっと工場の下っ端として生き残ってきたんですが、会社命令でサブリーダーをやらされることとなり、毎日、罵詈雑言を浴びせられ、ヒーヒー言いながら工場の地べたを這いつくばっているわけです。

サブとはいえ役職なので若い部下が僕の下についたりするんですね。で、最近きた若い奴(仮にAくんとでもしましょうか)、なんと中学の時初体験を済ませているらしく、そんな話を飲み会でAくんから直接聞いた高齢童貞の僕はカチンと頭にきまして、ちょっとばかりAくんに対して冷たい態度を取るようになりました。

さて、Aくんなんですが、仕事は積極的だしコツを掴むのはうまいしで、僕なんかより全然仕事ができるんです。もうAくんがサブでいいじゃね?と思う場面、すでに何回もありました。

僕は仕事もド下手くそですし、仕事への情熱なんかもう完全にありません。だからというわけではないんですが、僕はAくんに仕事なんて教えたことがありません。(えっと、うちの工場はリーダーと付く役職以外は交代制なんです。だから、僕としては、他のリーダーのトコで仕事を覚えればいいと思っているのです。別に仕事を教えないイジメをしていたわけじゃないんですよ!)

僕はAくんに一日の仕事を適当に終わらせて、ササッと帰ってくれればいいと思っておるんです。Aくんは仕事うまいですから、僕の下に来ると、いつもチヤッス⇒サイナラとすぐさま仕事を済ませ、さっさと家に帰ってました。

そんなAくんの様子が変なんです。いつもの明るさがない。なんでだろうと思ってたら、Aくんが仕事で悩んでいると僕に言ってきたわけです。

仕事がうまいAくんですから、仕事で怒られることはないんです。ただ、口の利き方、振る舞い、態度のコトで怒られるらしいんです。

具体例を挙げますと、先輩への返事に思わず『うん』って答えちゃうとか、そんなんです。僕に言わせれば、ホントどうでもいい……

僕は年下だろうが、タメ口でもいいし、いちいち言葉遣いなんか気にしてません。態度も振る舞いも人間どしてどうか?レベルなら怒るけど、先輩や上司にする態度か、それは!みたいな怒り方をそもそもしたことがない。

Aくんが言ってたんですが、仕事上の質問をしたら、『それは前に言ってるやろ!自分で考えろ!』と怒られ、結局、質問に答えてくれないって場面が頻繁にあるらしく、そのことでも悩んでました。聞いてきてるんだから、答えてあげなよ……としか思えないんですけどね、僕は。

まあ、そんなことばかり重なったAくん、遂に上の方々と話すことができなくなったんですね。話かけるたびに、内容はまあ置いといて、口の利き方、態度や振る舞いで怒られるから、もう上の方々と話ができないというわけです。

一日の仕事の中で嫌でも仕事の話はしなきゃいけない場面が度々あるんですけど、それができなくなったAくん、色々と仕事上で失敗するようになったらしく、それで、今度は仕事上の失敗でも怒られるようになってしまったということらしいです。

なんつーか、悪しき体育会系の伝統とでもいいましょうか……。他社の人への口の利き方、態度や振る舞いを注意するのはわかるんですけどね。同じ底辺に彷徨う人間、もっとフレンドリーにできないもんですかね?ほんとばかばかしい……

 

ああ、そうだ!Aくん、彼女がいるんですよ。ほんと羨ましい!オレに悩み相談なんかする暇あったら、彼女にしてもらえ!と思ったりもしましたが、悩み言ってんだからさ、聞いてあげないとね。