第30試合:高橋裕二郎観察日記②~広島サンプラザホール(広島) 2016/9/22

みなさんこんばんは、ストレステストで300満点中297点を叩き出し医者から呼び出し喰らったことでお馴染みのトランキーロ!です。 

皆さんご存じかと思いますが、当ブログは新日本プロレスに所属する高橋裕二郎選手を熱烈に応援しております。

f:id:verve421:20161222222509j:plain

不人気だの、塩っぽいだの、ノアに行けだの、ノーリミットで終わったレスラーだの、キャプテンニュージャパンより下のレスラーは裕二郎だけなど、結構な言われ様の高橋裕二郎選手ですが、全国津々浦々に熱烈な裕二郎ファンが生息しているのも事実です。

僕が参加した大田区総合体育館での大会にも高橋裕二郎選手のTシャツを着た方がいらっしゃいました。最初見たとき、『コイツ、正気か!?』なんて思ったりなんてしてませんよ、いやホント。やはり高橋裕二郎選手には根強い人気があるんですよ!

 さて、みなさん大注目の高橋裕二郎選手は第4試合にオーエンズとのタッグで出場です。高橋裕二郎選手と同じ、なぜかいつも『棒』を持っているヨシハシ選手が今大会のメインを務めることを考えれば、随分と差をつけられたなと思いますが、裕二郎選手はまだまだこれからの選手、伸びしろを含めればむしろ裕二郎選手の方が上じゃないか?とも思えます。

さらに、今大会では第6試合ではIWGPタッグ選手権試合が組まれており、IWGPジュニアタッグのチャンピオンであるヤングバックスがブリスコ兄弟に挑みます。

裕二郎選手は前回のIWGPタッグ選手権試合でハングマンペイジとタッグを組んでブリスコ兄弟に挑戦、苦杯を舐めたことは記憶に新しいことだと思います。

タッグ屋としてパートナーがコロコロ変わるのはいかがなのものか?ジュニアのヤングバックスがIWGPタッグに挑戦するなら、もはや裕二郎の出る幕ないんじゃね?などと思ってはいけません。

裕二郎選手の柔軟な対応力をもってすれば、だれがタッグパートナーであってもかまいませんし、ヤングバックス参戦も裕二郎からすれば、蹴散らす相手が増えただけに過ぎません。IWGPタッグ戦線から追放されたとか固定できるタッグパートナーがいないとか、そういうことではありません。裕二郎選手の底力を舐めてもらってはいけませんよ!裕二郎選手はこれからのレスラーなんです!

 

さて、いつものように前置きが長くなってきましたが、ここでもうひとつ前置きをしておこうかと思います。

『なぞかけ』という言葉をご存じでしょうか?先に例を出した方がわかりやすいでしょう。大田区総合体育館での大会、ロスインゴの新パレハ(中身はEVIL)が登場しました。

新パレハはだれ?小松?カマイタチ?

新パレハはいつ仮面を脱いで姿を露わにするの?

試合に介入するの?しないの?

新パレハの登場ひとつでファンの心の中に様々な問いが生まれ、様々な妄想が育まれます。これがロスインゴが我々お客様に提示した『なぞかけ』です。妄想を楽しむ為の仕掛けといってもいいかもしれませんね。

実はこの試合で高橋裕二郎選手が『なぞかけ』を仕掛けていたんです。全国津々浦々に生息する高橋裕二郎マニアはすぐにこの『なぞかけ』に気が付いていたんですが、みなさん高橋裕二郎選手が提示した『なぞかけ』に気が付きましたか?

気が付かなくても仕方なんですけどね。高橋裕二郎選手が提示した『なぞかけ』は極めて高度な『なぞかけ』でしかたから……。

それではこの試合について解説致しましょう。 

f:id:verve421:20161222222518j:plain

花道から登場した高橋裕二郎選手の勇姿をとくと見よ!裕二郎選手の両隣にはバニーガール姿の女性がいますが、僕は最初見たとき、なにをとち狂ったかミッキー・〇ウスか?って思っちゃいました(照れ笑い)

ついに裕二郎選手、天下のディ〇ニーにシュートを仕掛けたか!?と勘違いしちゃいました……。ともかく高橋裕二郎選手、最近トレードマークになりつつある『塩の塊』が付いた『棒』を持って堂々入場であります!

f:id:verve421:20161222222525j:plain

 左がピーターで右がトミーらしいです。

 

「はは、ピーターだからバニーガール。なるほどピーターラビットね。はは……うん?あ……いや……なにぃいいいいいいいい!!??」

 

いやあ、お恥ずかしい。実は僕も高橋裕二郎がリングに上がるまで高橋裕二郎が提示した『なぞかけ』に気が付いてなかったんですね。僕もまだまだ精進が足りませんね(笑)それでは、不肖この僕が高橋裕二郎が提示した『なぞかけ』について解説いたしましょう。

 

ピーターがバニーガールでピーターラビットなのはいいでしょう。では、トミーは?そう、ピーターラビットではお馴染みのキャラ、トミー・ブロックことアナグマのトミーです!

 

f:id:verve421:20161222222533j:plain

カツアゲされるピーターラビットの図(非常に有名な絵ですね)

f:id:verve421:20161222222539j:plain

ピーターラビットでお馴染み、トミー・ブロックことアナグマのトミー 

 

そう、高橋裕二郎選手は新日本のリングにピーターラビットの世界観をぶち込んできたんです!まさかと思いましたが、さすが高橋裕二郎です。まさかのピーターラビット、恐れ入りました。

しかし、疑問も残ります。トミーはアナグマのはず……なのに、なぜリング上のトミーはバニーガールなの?

実はこれ、ピーターラビットの絵本『きつねどんのおはなし』を知っていればわかるんですね。アナグマのトミーはこの絵本に出てくるんです。お話の詳細はグーグルなりで調べてもらえばいいんですが、このお話の主題はきつねとアナグマの騙し合いにあります

このことを理解してうえでもう一度考えてみましょう。ピーターはうさぎ、トミーはアナグマです。そうなるときつねが裕二郎であると考えるのが自然。

では、なぜトミーはアナグマではなくバニーガールの衣装を着ているのか?

答えは、きつねの高橋裕二郎がバニーガール姿の『アナグマのトミー』に騙されている、です。きつねの裕二郎がうさぎに扮したトミーに騙された状態のままリングに上がっているということです。絵本的に言えば、アナグマのトミーがうさぎの恰好をしてきつねを騙している。要は味方の振りをした敵ということです!

 

みなさん、話についてこれてます?

はい、みなさん無視して話を進めてきますよ~!

 

つまり裕二郎選手はピーターラビットの絵本『きつねどんのおはなし』を新日のリングにそのままぶち込んできたんです。これが裕二郎選手が我々新日ファンに提示した『なぞかけ』なわけです。

では、このなぞかけを元に試合展開の予想をしてみましょう。

①試合展開予想

試合も佳境に入ったころアナグマのトミーがその本性を露わにします。バニーガールの衣装を脱ぎ捨て元のアナグマ姿となったトミーがいつも裕二郎が持っている棒で背後から裕二郎の後頭部に強烈な一撃を喰らわせます。味方と思い油断していた裕二郎はひとたまりもありません。その場に倒れた裕二郎を滅多打ちにしたあと、トミーはコーナーにいるオーエンズとバレットクラブのサイン『トゥースウィート』ポーズを交わします。そして、オーエンズはリングに入り、倒れている高橋裕二郎に近づくと、こう言い放ちます。

「バレットクラブニ、ニホンジンハイリマセ~ン!」

オーエンズによる高橋裕二郎へのバレットクラブ追放宣言。呆然とする石井選手と殿、試合を止めるよう促すレフリー。混乱する会場の中、バレットクラブ入りした『アナグマのトミー』が高橋裕二郎を罵ります。

「オマエなんてノアに行って、マイバッハ谷口と一緒にマスクを脱いだり被ったりしてりゃいいんだよッ!」

 会場に響き渡るゴングの音、試合が中止され、アナグマのトミーはオーエンズとともに意気揚々と退場。それとは対照的に高橋裕二郎はピーターに抱えられ、フラフラと会場を後にします。こののち、高橋裕二郎はノアにいる鈴木軍と合流、マイバッハ谷口と抗争を始めることになります………。

②試合展開予想

試合の途中、突如リング外にいたピーターに襲い掛かる『アナグマのトミー』、高橋裕二郎がいつも持っている棒でピーターの腹に強烈な突きをを喰らわせると、そのままピーターを滅多打ちにします。その状況に気が付いた裕二郎はピーターを助けようとリングの外へ。ピーターを滅多打ちにするトミーを止めようと近づいたところ、突如ハングマンペイジが現れ、裕二郎の首に縄をかけて一気に締め上げます。食い込む縄の間になんとか指を入れた裕二郎、必死に抵抗しますが、オーエンズが裕二郎にストンピングを連打、裕二郎の運命は風前の灯かと思われた瞬間、中西と天山が現れ、裕二郎を助け出そうとします。

壮絶な場外乱闘が行われ、ようやく裕二郎が助け出されます。この一件で正義の心に目覚めた裕二郎はバレットクラブを脱退し本隊入りすると、中西と天山とともにプロレスリング・ノアへと去っていきます………。

 

いかがでしょうか?このように高橋裕二郎選手はこの試合において極めて高度な仕掛けを用意していました。確かに気が付きにくい仕掛けではあります。

思えば、アントニオ猪木追放以後の新日本は新しいファンを獲得することに躍起になっていました。これはいいことです、素晴らしいことです。しかし、新しいファンを獲得するのに躍起になり過ぎて、ファンの質を高めるということがおろそかになっていませんでしたか?

ファンの裾野を広げれば芸の幅が広がり、ファンの質が高まれば芸に深みが増す。

高橋裕二郎の提示する高度な『なぞかけ』、これはファンの質を高めるための用意周到な仕掛けでもあったんです。あえて高度な仕掛けを用いることで、ファンの質を高めようとしたんです。これが高橋裕二郎選手の凄みと言っていいでしょうね。小汚いおっさんが気持ち悪い女を連れてやってきたんじゃないんですよ!

f:id:verve421:20161222222554j:plain

さあ、いよいよ試合が始まります!期待感、ハンパないですよ~~!

 

『省 略 し ま ~~ す!』

  

f:id:verve421:20161222222601j:plain

 ごめんなさ~い、特に何もなく試合終わっちゃいました~~!『なぞかけ』ワスレテクダサ~~イ、単なる凡戦でしたぁ、じぇんじぇんなーんもない試合でしたぁ~~!

 

ちなみに試合後、4人ともノーコメントでした。高度な『なぞかけ』とか思っていたのは僕だけだったみたいですねえ……。

 

みなさん、季節の変わり目です。体調崩さないようにしてくださいね。ちなみに僕は風邪薬飲みながら、この記事を書いています。結構フラフラです、頭も朦朧としてきました……。そんな状態なのになんでこんな記事を書いてるんだって?

それはーーーーなぜかというとーーーー

 

当ブログは高橋裕二郎選手を応援しているからです!

 

しんどいんで早めに寝ます……。みなさん風邪には気を付けてください。