第76試合:プロレスラーは使い捨てなのか?消耗品なのか?

orcadawg.hatenablog.com

 

ええっと、やっぱクッシーは脳震盪を起こしてたみたいです。しかも、クッシーは脳震盪を何度も起こしてるらしいですから、割と事態は深刻な気がします。(すいません、なんかよくわかんないですね。やっぱ脳震盪じゃないかもしれません。)

 

本間朋晃選手は長期欠場は確実、柴田勝頼は再起不能、珍獣・飯塚高志さんが骨折ですよ。怪我人続出ですよ!

 

プロレスラーで無傷の選手はいませんけど、ここまで深刻な怪我人が出るのはやっぱ勤続疲労だと思うんですよ。過激な技とかで大怪我するのはするんですが、それ以上に積み重なってきたダメージが表面化する方が、より深刻なレベルの再起不能クラスの怪我に繋がってくると思います

 

怪我したら休ませればいいじゃない?とか調子悪いなら試合に出なきゃいいんでない?なんて考えが通じるならいいんですけど、そうはいかないのが難しいトコロですね

 

自分から『休ませてくれ!』なんて言うプロレスラーいませんよ。あのヨシタツさんでさえ言わないんですから、まあ、いないでしょうね。怪我してるから、調子が悪いからで休むわけにはいかないのがプロレスラーですし、なんだったら、なにがなんでも試合に出るコトが美徳とさえされていそうです

 

なんでこんな事態になるのか?

 

代わりのプロレスラーなんていくらでもいるから

 

新日本プロレスのリングに上がりたいレスラーってたくさんいますよ、日本にも海外にもたくさんね。自分の代わりに出場した選手に取って代わられるのが怖いから、どんなに悪いコンディション状態であっても試合に出るんですよ

 

去年のG1かな、棚橋選手は相当に状態が悪かったんですが、それでもG1に出場しました。なんだかんだで棚橋選手は凄かったんですが、棚橋選手クラスの選手でさえ、試合に出られないことが怖いんですよ

 

じゃあ、新日本プロレスはどうしたらいいんだ?って話ですよ

 

怪我したら復帰を待つでいいの?再起不能になったら社員で雇うでいいの?

 

普通に考えたら、怪我をする前に適切な治療を受けさせるなんですけどね。それが難しいのはわかるんですけども……。でもね、新日本プロレスの行きつく先がプロレスラーを使い捨てにする団体だったらと思うと、それは違うんじゃないかと思いますよ

 

プロレスは危険なんですよ。本当だったら、最低限ヘルメットを被ってするべきモンです。でも、ヘルメットすら被らず、生身の肉体でぶつかり合うのがプロレスの魅力と言われたら、返す言葉が見つからないなあ……

 

この問題は難しいね。ただ脳震盪などの怪我をアングルに使うのは間違ってますよ、そこは違うと思う、アンフェアだね