第80試合:僕は内藤哲也選手のファンですが、一緒にされたくはないんですよ!

盟友たる鯱虎さまが充電期間に入られました。よくあることです、待ちましょう。

 

プロレスラーのとプロレス語る人間の引退ほど信用できませんからね、僕もまあ、引退しようと思っていたんですが、こうして平気な顔してブログ更新してますよ。

 

誰が読んでいるのかさっぱりわからない僕のブログですが、このブログは『居酒屋の隅のカウンターに座ってる変なおっさんが語る戯言』で構成されています。

たまにいますね、変なおっさん。そんなおっさんがなんか言ってるぞと。僕としては『うん?このおっさん、よく聞いてみると結構面白いコト言ってるじゃん!』となるのが理想です。しかし、現実は残酷です、変なおっさんはツマラナイ事しか言わないのです。

 

 さて、鯱虎さんのブログを眺めていると、『某ブログを個人攻撃』しておる記事を見つけました。いやあ、奇遇ですね!僕も某ブログのコトを気にくわなかったんですよ。もちろん言いませんよ、どのブログかなんてね。人様の金儲けの邪魔する趣味は僕にはないんで。

 

別にそれはいいんですが、なさんご存知かどうかしりませんが、僕は内藤哲也選手のファンです。もちろん、新日本プロレスをご覧になるファンの皆様の中には棚橋選手、オカダ選手のファンもいるでしょう。そんな中、僕は内藤哲也のファンになることを選んだんです

但し、内藤哲也がロスインゴ化してからのファンです。ニワカの誹りを受けても仕方ありません内藤哲也がロスインゴ化する前はほんと魅力のないレスラーだとしか思ってませんでしたよ。

 

ええ、僕は確かに『ニワカ内藤哲也選手のファン』です。確かにニワカファンなんですが、某ブログみたいな野郎と一緒にされちゃ困るんですよ!

 

僕はね、『内藤哲也をこう動かせば客がいっぱいに入ってすんげえ儲かるよ!』みたいな『背広組』みたいな発想はしねーんだよ!そんなモンは背広組と内藤選手が裏で色々やってりゃいいんだよ!ファンにかんけーねーよ!ってことです。

 

近い将来、必ず我々、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの力で、ここ別府ビーコンプラザを超満員札止めにしてみせるよ。


ま、一ついい目標ができたかな。

 

この一文を素直に解釈しましょう。

 

会場を超満員札止めになる位、魅力的なロスインゴになって別府ビーコンプラザに戻ってくるよ、それが目標だよ。

 

これが普通の解釈でしょう。もっと魅力的なユニットに、もっと魅力的なプロレスラーになって戻ってくると宣言したわけです。『素晴らしい、頑張れ、内藤!』とエールを送りたくなります。

 

ここで、『いやいや、内藤哲也は頑張ったよ!だって、他のレスラーは広島という都市部でも客を埋められないよ!田舎の別府で2570人!他のレスラーは都会の広島で1705人!1000人も多いぞ!田舎の別府で2750人は凄いんだぞ!内藤哲也さんなら福岡で満員間違いなしだぞ~~!』なんてね……

 

こういうのを太鼓持ちというのかな?まあ、下手くそな太鼓持ちですけども。もっというなら、『君側の奸』です

内藤哲也選手を誉める為に他のレスラーを巧妙に数字を使いながらディスるのは、ファンとして辞めてもらいたいですし、こういうコトをすると、アンチ内藤ファンが増えるので重ねて辞めていただきたい。そして、こういうコト言っちゃう人と同じ類のファンと僕がみなされるのは甚だ迷惑なのでやめていただきたい

 

僕が内藤ファンなのは、『あのダメダメなチンカス野郎の内藤哲也がここまで大物になるだなんて……よくやった!本当によくやった!』との理由からです。もうちょっと言うと、『息子に初任給で食事を奢ってもらったお母さんの気持ち』に近いかもしれません

 

僕はね、新日本のレスラーが可愛くて仕方ないんですよ、多分。なんだかんで裕二郎も好きですし、ヨシタツも好きです。ああでも、ボンソルさんはいいかな……。

 

さてさて、そんな中、僕のツボにイマイチ入りきらない新日本レスラーがひとりいます。それがオカダカズチカ選手です。もちろん、リスペクトしてますし、彼の背負っているモノの重みもわかっているつもりです。ただですね、イマイチ受け付けない。

 

新日本プロレスに金の雨が降るぞ!

 

 この言葉に僕がイマイチ、オカダ選手を受け付けない理由が集約しているような気がします。ぶっちゃけ新日本プロレスに金の雨を降らせてるのはファンなんですよ。別にオカダ選手が降らせてるわけじゃない。なのに、『新日本プロレスに金の雨が降るぞ!』なんてオカダ選手が言ってるんですよ。

 

わかります?

 

これって新日本の背広組、経営者に向かって言ってる言葉なんですよ。『僕がチャンピオンなら会場に客がわんさかやってきて、儲かりますよ!』って経営者に言ってるんです。要は言葉の宛先がファンじゃなくて背広組なんですよ、だから僕はこの言葉を聞くとイラッとします。会場の客に向かって言う言葉じゃない

 

 僕は新日本所属のレスラーのコトは好きですが、別に背広組のことは好きではありません。僕は絶対に木谷オーナーのファンにはなりません、当然でしょう。

イヤ確かに、お金儲けは重要です、最重要です!でもね、ファンにとって重要なのはレスラーです。だから、背広組がレスラーを雑に扱うとイラッとします。

もちろん、僕はレスラーの悪口言いまくってるんですよ、でもね、レスラーを愛情もリスペクトもなく語る輩にはね、やっぱイラっとします。

客入りの数字と経営者視点とやらで語るコトに苛立ちを覚えるのも、この辺りの理由からでしょう。まあ、贔屓の選手を誉める為に他のレスラーをけなすのは良くあることですけど、あんまりやり過ぎると揺り戻しが来ますよ?お気をつけて……

 

1990年代ブリットポップ・ブームがありました。中心はオアシスとブラー、僕はブラー派でオアシスのファンから『ブラーはオカマ』と貶されたモンです。ギャラガーもよくデーモンのことバカにしたり貶したりしてたんですが、今から思えば、あれって『プロレス』なんですよ

なんだかんだでギャラガーもデーモンもお互いリスペクトがあって、リスペクトし合った上で喧嘩してただけ。あくまでブリットポップのシーンを盛り上げるための喧嘩です。

お互いにリスペクトしたの上で戦うのがプロレスです。嫌いなレスラーを貶すのはいいんですが、最低限のリスペクトはあった上でやってもらいたい

数字しかみていない、レスラーを金を生み出す駒としか見てない経営者と同じ視点で見ている人をファンと呼べるかどうかが問題です。

 

僕は最近大怪我が続く新日本について記事にしたことが何回かあります新日本プロレスがレスラーを使い捨てにするのは許されないし、怪我をアングルに使うのはどうかと思うと言ってきました。

 

ただですね、レスラー自体もどうかと思うことは多々あります。ボクシングだと、試合のあった当日は睡眠をとらないし、お酒どころか食事もとらなかったはずです(確かそうだった気がする……)

頭部の打撃がほとんどのボクシングですから、睡眠中に試合のダメージから来る頭部の異常で死んじゃったりするコトがあります。にもかかわらず、プロレスラーは試合終わって飲み会の写真とかアップしますからね……。

プロレスラーにはもうちょっと危険なスポーツをしている自覚を持っていただきたい!と強く思ったりもします。プロレスラーがプロレスを舐めてどうする!ということです。

 

気が付くと随分と長い文章になりました。

 

僕は新日本プロレスのファンです。新日本プロレスを経営している人、例えば木谷オーナーのファンではありません。

 

新日本プロレスの看板は大切です。でもね、新日本プロレスの看板はレスラーが高く飛び上がる為の踏切板みたいなモンです。大切なのはわかりますが、踏切板を愛しても仕方ない。

 

僕は新日本の行く先を心配なんてしません、僕が心配なのは新日本所属のレスラーだけです。だから、『背広組』がレスラーを雑に扱うとイラッとしますし、使い捨ては以ての外です。もちろん会社が提示する『雑なアングル』も含みますよ

 

いつか来ると思うってるんですよ、木谷オーナーが新日本プロレスを捨てる日が。でね、思うんですよ、木谷オーナーについていく新日本ファンなんているのか?ってね。まあ、某ブログの人だけじゃないですか?

 

別にね、背広組にイラっとしてもいいと思うんですよ。背広組とレスラーが一枚岩になって新日本を盛り上げるのが一番だけど、時として対立するときがくるわけで。そのとき、ファンはどっちにつくのか?ってことですよ

 

PS

どーでもいいんですか、例えば、300人規模の会場でIWGPヘビー選手権試合やって、300人しか集められなかったとかいうんですかね?まあ、僕的には300人規模の会場で行われるIWGPヘビーの試合とかめっちゃ見たいですけど……

仮に会場のチケットを全部買い上げて無観客試合したらどうなるんだろ?それって本当にプロレス?

リングサイドで退屈そうに試合を眺めてる同伴キャバクラ嬢とお小遣い必死に貯めてやってきて声を涸らして応援してる二階席のちびっ子、どっちが良客なの?

 

ま、いいんですけどね。客は数字であってファンではありませんから。でもねえ、数字は嘘つきですよ~~!数字ばかり見てると、足元すくわれるよ?

 

某ブログ様は内藤哲也のファンなら、ファンとハッキリ表明すればいいのに。贔屓の選手を応援してなにが悪い!って言えばいいんですよ。

 

はぇえ……こんなコト書くから、読者様が増えないんだろうなあ……。